So-net無料ブログ作成
ゴルフ ブログトップ

ゴルフクラブの種類と解説 [ゴルフ]

①クラブの種類と使い分け、番号について

通常、長いクラブほど扱いが難しくなる。クラブの使用は、1人14本までに制限されている。

各クラブはそれぞれ想定された飛距離を打ちやすく作られており、
長いクラブで長距離を、短いクラブでは短い距離を狙う。

ヘッドの打撃面であるクラブフェイスと地面に対する垂直線からなる角度をロフト角といい、
これが弾道の高さが決定する主な要因である。

通常のクラブセットは、ウッドと呼ばれるクラブが3、4本、
アイアンと呼ばれるクラブが8、9本、パターが1本の組み合わせが多い。

クラブには数字による番手が付けられている。
番号が大きいほど短い距離を打つためにデザインされている。



②ドライバー(1番ウッド)(1W)とは?
ドライバーは主に第一打目に使うためのクラブで、
一番飛距離が出るクラブ。飛距離が出しやすい様、長く、ヘッドが大きく作られている。
しかしその反面、他クラブよりも長いために芯に当てるのが難しい。

金属製であっても、呼称はウッドである。

従来は、ヘッドはパーシモン(柿の木)など木製が主流だったが、
現在はステンレスやチタン合金などのメタル製や
カーボンファイバーとメタルの複合製に取って代わられた。




③フェアウェイウッド(FW)(2W―5W,6W~)とは?
FW(フェアウェイウッド)とは、その名称通り、
主にフェアウェイ(地面上)から使うウッド形状のクラブ。
3W、4W、5W、7W、9Wという風に数字で種類分けされており、
数字が小さいほどロフト(フェース面の角度)が立って距離を出しやすく、
数字が大きくなるにつれてロフトが増え、ボールが上がりやすくなっています。

一般的には、距離を打ち分けるためにFWを2~4本ぐらいチョイスします。




ゴルフダイジェスト [ゴルフ]

ゴルフダイジェストについて紹介したいと思います。

ゴルフダイジェストというのは何かというと、
ゴルフダイジェストは、ゴルフ関連の総合サイトのことを言います。

ゴルフの情法を発信したり、ゴルフ場を予約したり、
ゴルフ用品を販売したりと色々なゴルフに関することを手広く行っています。

ゴルフ場の予約をする場合には、
ゴルフダイジェストでは提携しているコースは
1450コース以上ありますから、日本で一番ではないでしょうか。
またゴルフダイジェストで取扱のあるゴルフ用品も世界一と呼ばれる品揃えになっています。

11ゴルフダイジェストはGDOと言う名前でも有名です。

ゴルフダイジェストが行っているサービスとしてはゴルフショップのオンラインや、
ゴルフ場の予約、ゴルフのニュースマガジンの配信、旅行やゴルフのレッスン、
ゴルフのサークルやゴルフブログ、ゴルフのスコア管理なども行っています。

ゴルフダイジェストの様々なサービスを利用するためには
ゴルフダイジェストの会員にならなければいけませんが、
ゴルフダイジェストのホームページからゴルフダイジェストの会員に簡単に登録することができます。

ゴルフダイジェストではゴルフ旅行を色々と探すこともできますから
ゴルフを楽しむ人にとってはとても便利なサイトだと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ゴルフのボール [ゴルフ]

ゴルフボールについて紹介したいと思います。

ゴルフボールというのはゴルフをするために必要な球ですが、
ゴルフボールの大きさは直径が1.680インチ以上になるようにと決められています。

ゴルフボールの表面の材質はディスタンス系の材質とスピン系の材質と大きく分けられています。

ディスタンス系のゴルフボールはスピンがかからない仕組みになっていますから
ゴルフボールがあまり曲がらないようになっています。

ディスタンス系のゴルフボールは距離を稼ぐため使います。

逆にスピン系のゴルフボールの場合には、
飛距離はあまり期待出来ないのですがその反面、
弾道を自分でコントロールすることができますからバックスピンを使って、
グリーンの上にゴルフボールをとめるようなときには使いやすいといわれています。

ゴルフボールはゴルフショップへ行くとわかりますが
とても沢山の種類が販売されています。

初心者向けのゴルフボールから、上級者向けのゴルフボールまで用意されていますし、
練習用のゴルフボールもあります。

またゴルフボールに名前を入れたり自分のマークを入れることも出来ますし、
ゴルフショップによっては無料でゴルフボール名前を入れてくれるところもあります。

ゴルフのクラブ [ゴルフ]

ゴルフのクラブについて紹介したいと思います。

ゴルフのクラブを使用してもいい本数は決められています。
1人14本までと決まっています。

普通のクラブゼットの場合には、
ウッドと呼ばれるゴルフのクラブが3−4本と
アイアンと呼ばれているゴルフのクラブが8−9本と
そしてパターが1本入っているのが一般的なゴルフクラブのセットです。

クラブはそれぞれ飛距離を考えて打ちやすく作られていますから、
ゴルフをする人は長い距離を打ちたい場合と短い距離を打ちたい場合には
ゴルフクラブを自分で使い分けてプレイします。

ゴルフのクラブのヘッドには、ロフト角という角度が着いています。
この角度に正しく球があたればボールが高く上昇して距離は伸びないようになっています。

ゴルフのクラブは、ヘッドとシャフト、そしてグリップから構成されています。

ゴルフクラブは、大まかに分けるとウッドとアイアンに分けられますが、
ウッドとアイアンの間の中間の禿頭を持っている
ユーティリティーというゴルフクラブもあります。

ゴルフクラブは3番4番といったように番手がついています。
ゴルフクラブの番号が大きくなればなるほど短い距離に向いているデザインになっているようです。


ゴルフの用語 [ゴルフ]

今日は、ゴルフの主な用語について紹介したいと思います。

ゴルフのホールインというのじゃ1打でホールに入れた場合をホールインワンといいます。

そして2打でホールにボールを入れた場合には、イーグルといい、
3打でゴルフをしていてホールに入れた場合にはバーディーといっています。

そしてゴルフのホールインは4打目で入れたときには、パー、
5打で入れたときにはボギー、
7打ハプルボギー、
8打はダブルボギーといったようにゴルフ用語がつけられています。

ゴルフ用語のショットも色々なショットがあります。

例えばゴルフ用語でショットというのはボールを打つことを言いますし、
ティーショットは、ティーイングランドからショットをすることで、
アプローチショットというのはグリーンの周りからショットをすること、
バンカーショットはバンカーから出すためのショットといったように
ゴルフのショットと言っても種類があります。

ちなみにグリーンの上で
パターを使ってショットすることをゴルフ用語では、パットと言いますし、
ショットしたボールが地面につくまでの距離をキャリーというように
ゴルフ用語が入っています。

ゴルフ用語で初心者でも知っておいたほうがいいのは、
アゲインストと呼ばれる向かい風の事です。

逆に追い風はゴルフ用語ではフォローと言います。

参考になりましたか?

ゴルフのルール [ゴルフ]

ゴルフのルールについて紹介しいたいと思います。

ゴルフの基本的なルールはとてもわかりやすいといわれています。

ゴルフはルールといっても自分がどれだけ
ボールを飛ばせることができるのかということが大切なことです。

ゴルフでは自分がどれだけ打てて、いかに少ない
打数でホールすることが出来るかというスポーツですから
ゴルフのルールはとても簡単だと思います。
やる分にはゴルフは簡単なのですが、ゴルフの打数の数え方や
ゴルフの打ち方、クラブの種類などを覚えるのが
ゴルフの初心者にとっては難しいかもしれません。

ゴルフをする時のマナーですが
ショットの時に作ってしまった地面を削った部分は、
自分で治すのがルールです。

そして、グリーンの上を歩くときはできるだけグリーンを傷つけないように歩きます。

また、当たり前のことですが他のゴルファーが競技をしているときは静かにしましょう。

ゴルフのルールはそれほど難しいものではありませんから
数回ゴルフをやっていけばすぐにゴルフのルールがつかめてくると思います。

ゴルフのルールはゴルフを始める際には重要ではありますが
知らなくてもゴルフは楽しめるスポーツだと思います。

ゴルフの初心者はルールを
キャディーさんに教わりながら周ってみてもいいかもしれませんね。

ゴルフの歴史 [ゴルフ]

こんばんは。
今日は、ゴルフの歴史について書きたいと思います。

ゴルフが始まったのはイギリスで始まったといわれています。

ゴルフはもともとはイギリスの紳士がするスポーツとして行われていましたが、
もともとはスコットランドでゴルフが行われていたといわれています。

ゴルフという名前は、北欧が起源になっていて、
コルフという球を打って柱に当てるというスポーツから
ゴルフが始まったといわれてますが、
オランダノフットコルフェンから来ているとも言われていてゴルフの起源はいろいろあるようです。

ゴルフの歴史で初期のゴルフはコースなどは存在していなくて
モグラの穴を使ってゴルフが行われているといわれています。
またゴルフは今とはルールもやり方も違っていたそうです。

初期のゴルフは、ふたりのゴルファーが、1ホールずつホール内で打数によって
勝つか負けるかをきそっているゲームだったようですから
今のようなゴルフとは少し違っていたようです。

ゴルフは比較的古いスポーツで日本でも昔から行われていましたが、
今ほどゴルフ場の多くありませんでしたし
ゴルフは中高年のスポーツというメージが強かったのではないでしょか。

ここ数年でゴルフが若い人たちにも人気が出てきましたし
ゴルフの実力のある若い人たちが増えてきました。

若い人たちの中からスターが毎年の様に出てきているので
今後のゴルフ界も楽しみですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ゴルフ場 [ゴルフ]

ゴルフ場について紹介したいと思います。

ゴルフ場というのはゴルフを行うために作られた施設です。

ゴルフ場はゴルフコースとも呼ばれています。

ゴルフ場の一般的なものは全部で18ホール用意されていています。

ゴルフ場は全国に沢山ありますが、どこのゴルフ場も全く同じ設計で作られているというわけではありません。

ゴルフ場はそれぞれのゴルフ場の特徴を出すために、ゴルフを面白くするために
、ゴルファーにとっては苦手とされているバンカーや池をちりばめたり
グリーンの大きさを変えたりしながらゴルフ場は設計していきます。

ゴルフ場はそれぞれ地形によってもゴルフのプレイは違ってきますし、
同じゴルフ場でも、その日の風向きなどによってはゴルフのプレイは違ってきます。

ゴルフ場はバンカーや池、林などの障害があって、
そしてゴルフ場のその日の天候なども考慮しながらゴルフが楽しめる場所です。

ゴルフ場はほとんどの場合が山岳地帯に開発されることが多いといわれています。

ゴルフ場は世界にありますが、その土地土地によってもゴルフ場の特徴が違っていますから、
自分の国のゴルフコースだけで練習せずに、プロのゴルファーは
色々なゴルフ場でゴルフをして経験を積んでいます。

ゴルフ [ゴルフ]

ゴルフについて紹介したいと思います。

ゴルフというスポーツは、クラブを使って静止しているボールを打ってホールという穴に入れて
どれだけ少ない打数でホールに入れられるかということを競争する球技です。

ゴルフを感じでかくと孔球と書くのだそうです。
ゴルフは静止しているボールを打てばいいだけのスポーツですから
簡単に思えるのですが個人で自分との戦いなので、
自分の技術や自分の精神力が重要になってくるスポーツだといわれています。

ゴルフでは精神力が70パーセントを占めていて、
30パーセントが技術だといわれています。

どんなに技術があるゴルファーでも、プレッシャーによって
パットを外してしまうこともあるみたいです。

11ゴルフは、個人で行う競技なのですが、団体戦のゴルフもあります。

ゴルフを個人戦で周る場合には、競技している人と一緒に
ゴルフのコースをまわるというキャディーという人がいます。

ゴルフのキャディーはゴルフのクラブを運ぶというのが仕事ではなくて
それと同時に競技をする人にアドバイスするというのも仕事です。

ゴルフ、小さい子供から中高年でも始めることができますから、
ゴルフはほかのスポーツに比べると高齢でも楽しめるスポーツの一つです。
ゴルフ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。