So-net無料ブログ作成
検索選択
ゴルフ ブログトップ
前の2件 | -

ゴルフクラブの種類と解説 [ゴルフ]

①クラブの種類と使い分け、番号について

通常、長いクラブほど扱いが難しくなる。クラブの使用は、1人14本までに制限されている。

各クラブはそれぞれ想定された飛距離を打ちやすく作られており、
長いクラブで長距離を、短いクラブでは短い距離を狙う。

ヘッドの打撃面であるクラブフェイスと地面に対する垂直線からなる角度をロフト角といい、
これが弾道の高さが決定する主な要因である。

通常のクラブセットは、ウッドと呼ばれるクラブが3、4本、
アイアンと呼ばれるクラブが8、9本、パターが1本の組み合わせが多い。

クラブには数字による番手が付けられている。
番号が大きいほど短い距離を打つためにデザインされている。



②ドライバー(1番ウッド)(1W)とは?
ドライバーは主に第一打目に使うためのクラブで、
一番飛距離が出るクラブ。飛距離が出しやすい様、長く、ヘッドが大きく作られている。
しかしその反面、他クラブよりも長いために芯に当てるのが難しい。

金属製であっても、呼称はウッドである。

従来は、ヘッドはパーシモン(柿の木)など木製が主流だったが、
現在はステンレスやチタン合金などのメタル製や
カーボンファイバーとメタルの複合製に取って代わられた。




③フェアウェイウッド(FW)(2W―5W,6W~)とは?
FW(フェアウェイウッド)とは、その名称通り、
主にフェアウェイ(地面上)から使うウッド形状のクラブ。
3W、4W、5W、7W、9Wという風に数字で種類分けされており、
数字が小さいほどロフト(フェース面の角度)が立って距離を出しやすく、
数字が大きくなるにつれてロフトが増え、ボールが上がりやすくなっています。

一般的には、距離を打ち分けるためにFWを2~4本ぐらいチョイスします。




ゴルフダイジェスト [ゴルフ]

ゴルフダイジェストについて紹介したいと思います。

ゴルフダイジェストというのは何かというと、
ゴルフダイジェストは、ゴルフ関連の総合サイトのことを言います。

ゴルフの情法を発信したり、ゴルフ場を予約したり、
ゴルフ用品を販売したりと色々なゴルフに関することを手広く行っています。

ゴルフ場の予約をする場合には、
ゴルフダイジェストでは提携しているコースは
1450コース以上ありますから、日本で一番ではないでしょうか。
またゴルフダイジェストで取扱のあるゴルフ用品も世界一と呼ばれる品揃えになっています。

11ゴルフダイジェストはGDOと言う名前でも有名です。

ゴルフダイジェストが行っているサービスとしてはゴルフショップのオンラインや、
ゴルフ場の予約、ゴルフのニュースマガジンの配信、旅行やゴルフのレッスン、
ゴルフのサークルやゴルフブログ、ゴルフのスコア管理なども行っています。

ゴルフダイジェストの様々なサービスを利用するためには
ゴルフダイジェストの会員にならなければいけませんが、
ゴルフダイジェストのホームページからゴルフダイジェストの会員に簡単に登録することができます。

ゴルフダイジェストではゴルフ旅行を色々と探すこともできますから
ゴルフを楽しむ人にとってはとても便利なサイトだと思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
前の2件 | - ゴルフ ブログトップ