So-net無料ブログ作成
検索選択
石原さとみ ブログトップ

石原さとみ ケニアロケ [石原さとみ]




石原さとみがケニアロケで「人生観が変わった」と報告。
また、ハエとの格闘も良い思い出になりましたとも。

『因襲に立つライオン』完成披露試写会が24日時に行われ、
大沢たかおや石原さとみ、真木よう子らキャスト陣が登壇。
大沢と石原は、ケニアの過酷ロケを振り返りながらエピソードを語った。

第一声、大沢は「完成したばかりのできたてほやほやの作品です。
ご来場ありがとうございます」と顔をこわばらせ挨拶。
今、緊張していますとも。
石原は、宝物のような作品です。
「幸せな時間、人生観が変わった時間を送りました。
肩の力を抜いて観ていただければ」とアピール。

本作は、アフリカ・ケニアで国際医療ボランティアに従事した実在の医師にインスパイアされた、さだまさしの名曲『風に立つライオン』を、大沢が発起人・主演として映画化。
青年医師の活動や戦闘で傷ついた少年兵士との触れ合いが描く。
日本映画史上初となるアフリカ・ケニアで約1ヵ月の大規模撮影を敢行。
長崎・五島列島でもロケを行った。

大沢は「ケニアロケは過酷でしたが、長崎では温かい人たちに囲まれ、全てがよい思い出です」と振り返り、
石原も「ケニアでは、大量のハエと戦いながら撮影しました。しかも、いいシーンに限って、顔にハエが止まるんです」と当時を思い出したのか笑みを浮かべる。

長崎ロケが中心だったという真木は
「選りすぐられたおじいちゃんとおばあちゃんたちが素晴らしい演技をしてくれた。
本当に島の方たちはよくしてくださいました」と述懐した。

“命のバトン”をテーマに今日まで頑張ってきました。
なので、バトンを受け取って帰っていただければと思います。

最後に大沢は「とにかく皆さんに見ていただいて感じてもらうことが一番。
心を込めて作った作品なんで楽しんでください」と自信をみなぎらせていた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
石原さとみ ブログトップ