So-net無料ブログ作成
検索選択
レアル・マドリー ブログトップ

レアル・マドリー、9発大勝 [レアル・マドリー]

berunabeu.jpg



4月4日に行われたリーガエスパニョーラ第29節、
レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのグラナダ戦で
9-1の大勝を飾った。

ガレス・ベイル 25'
クリスティアーノ・ロナウド 30', 36', 38', 54', 89'
カリム・ベンゼマ 52', 56'
ディエゴ・マインツ 83' (オウンゴール)



ハメス(コロンビア)の戦列復帰により、同選手とモドリッチ(クロアチア)、クロース(ドイツ)、ベイル(ウェールズ)、ベンゼマ(フランス)、クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)で構成される“シックス・ネイションズ”を再結成したレアル・マドリー。

6選手がスタメンでピッチに立つのは
昨年11月8日のラージョ・バジェカーノ戦以来9度目となり、
過去8試合の成績は7勝1敗30得点8失点となっている



立ち上がりこそ緩慢なペースで試合を進めたマドリーだったが、
マルセロ、ハメス、C・ロナウドが位置する左サイドの流動的な動きから、
徐々にグラナダ守備陣を切り崩し、25分に先制点を記録。

“シックス・ネイションズ”を揃えるマドリーは、後半に入っても得点を量産



リーガでは1979年のバルセロナ対ラージョ(9-0)、マドリー史では1967年のレアル・ソシエダ戦(9-1)以来となる9得点記録によって、グラナダを葬り去った。

C・ロナウドは今季のリーガ得点数を36得点として、
メッシ(32得点)を抜き去り再び得点ランクのトップに立った。

リーがでは5得点をレポーケルというそうです。
C・ロナウドが、8分間での3得点記録はマドリー助監督が保持するクラブ記録6分に次ぐものだそうです。
マドリー通算28度目のハットトリック達成で故ディ・ステファノ氏が保持する最多記録にも並びました。
加えてレポーケル達成は、リーガではアトレティコに在籍していたファルカオが2012年12月に記録して以来の偉業で、マドリーではモリエンテス氏が2002年に達成して以来のこととなる。
色々な記録づくめとなった試合でしたね。



マクロミルへ登録
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
レアル・マドリー ブログトップ