So-net無料ブログ作成
検索選択
おにぎり ブログトップ

他人が握ったおにぎりが食べられない人が増加 [おにぎり]

parts_img_reduction.jpg

《少年野球時代は、友達の母ちゃんの握ったおにぎりを勧められても食べられなかった。今は番組のロケで“お世話になった家で手料理を味わう”なんてことになると、もう地獄!》(有吉弘行)

《人の握ったおにぎり食べられないんです》(ロンドンブーツ1号2号・田村淳)

こんな事を平気でいう芸能人が増えています



でも実は、一般人にもいえるようです。

女性セブンが30~50代の既婚男女各150人、計300人にネットでアンケートを行ったところ、
〈コンビニと他人の握ったおにぎり、どちらが抵抗なく食べられますか?〉の問いに、
「コンビニ」と答えた人は90.6%だったそうです。

さらに他人の握ったおにぎりを食べることに〈抵抗があるか〉と聞くと、
「ややある」「非常にある」が25%で、実に4人に1人。
女性だけで見れば、30.6%が抵抗を感じているという結果が出たそうです。

コンビニで売られている、機械が握ったおにぎりは平気でも、
人が握ったものには抵抗を感じてしまう。
そんな傾向に今の日本はなっている様です。
だから、宴会や飲み会やバーベキューで人に勧めるのは控えた方がいいかもしれませんね!

「近所の人や親戚と一緒に食事する機会が減り、他人の手作りのおにぎりを食べる経験が減りました。人は慣れていないことに抵抗を感じるものです。そうした社会状況から他人との距離感がより遠くなったのだと思います。例えば、自分の母親のおにぎりだけは抵抗なく食べられる人がいますが、誰が握っても雑菌の数はほぼ変わらないと思います。
 それでも母親のおにぎりなら平気というのは、そこに親への信頼感があるからです。他人のおにぎりを食べられなくなってきている社会というのは、他人を信頼できない社会とも言えるかもしれません」(愛国学園短期大学専任講師の竹内由紀子さん談)

なんだか寂しい感じがしますが、今の日本なら当たり前かもしれませんね!



AemKVXy1TjF1dqw_fE4AC_14.jpeg
トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
おにぎり ブログトップ