So-net無料ブログ作成
検索選択
木村拓哉 ブログトップ

木村拓哉、新境地で再評価-ホームドラマ『アイムホーム』が称賛された背景とは? [木村拓哉]

kimutaku14.jpg

7月12日までの変則放送である『天皇の料理番』(TBS系)をのぞいて
目立った著が一部始終終了したドラマ。

4月上旬では、「視聴率碩学のキムタクvs堺雅人」と各メディアがあおっていたが、
終わってみれば木村の『アイムホーム』(テレ朝系)が平均視聴率14.8%、幕切れ回平均19%と堺の『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)の同12.7%を上回り、健在ぶりを示した。

もとより視聴率はバロメーターの1つに過ぎ無いが、
『アイムホーム』と木村拓哉には、自身に対する称賛が目立つ。
昨年のひと続きの第2弾『HERO』(フジ系)は別格として、
2013年の『安堂ロイド』(TBS系)は平均視聴率12.8%で、
実利の評価も芳しくなかったこともあって、
「復活」の悲鳴も聞かれるほどだ。

稀代の人気者ゆえ、色々叩かれることの次々に木村だが、
輓近作は何がよかったのか?

○木村でなくても演じられる何の取りえもない役

これまで
検事、
パイロット、
アイスホッケーレギュラー、
レーサー、
総理大臣、
アンドロイドなど、特異なな技能の役を演じることの多かった木村だが、
『アイムホーム』で演じたのは「母体エリート」とはいえ普通のサラリーマン。
この変化だけでも、「変わった」「新境地」と言われるのは、
木村の存在感が飛び抜けて大ぶりのことの証ではあるが・・・。

当の木村は、「今どきまでとやっていることは変わらありません」と明言しているが、
これは「二度とするものか」強がりでは欠乏だろう。
テレビ朝日の連ドラ初主演だけに、
これまでのパッとしない役と比べて
演出斜面での変化は見えたが、
木村自分の演技姿勢は変わってない。

言わば、「脚本も演出も木村を中心にして作られた役」から、
「木村でなくても演じられる平平凡凡たる役」に変わっただけでなく
これまでの不朽の名作では、「何をやっても木村拓哉にしか見え~でない」という
アンチの蛮声も多かったが、それは制作横が狙っているのだから当然の話。
だから、それをしなかった『アイムホーム』に新鮮味が生きたのだ。

ところでさし向き、趣味人を問わず「木村がまともなの役を演じている」
「カッコ悪な役からの逃れが見られる」という
つやのある声が多かったが、
私の印象に残るは"めずらしくないっぽい役"。
「美人わき役だけでなくツボミのOLや愛人からもモテて、
麗しいな家に住んでいて、素適な同僚に恵まれて、料理も抜け目ない」
「悩みはあるけど、そこまで深刻に見えない」というもので、
一般人から見たら贅沢すぎるくらいの役だ。

普通これは、昨今シリアスすぎる陳腐な役が敬遠されがちなだけに、
制作サイドが軽やかさを出し、抑えを効かせたのだと思われる。
演出側での隠れたファインプレーかもしれない。

○キムタクも「そして父になる」

また、視聴者の名望が良かったのは、
木村の父親役がぶざまな格好。
42歳の現代まで明快なパパ役がなかったのは不自然であり、
演技の鼻息が荒いと好感度の相で「浮かばれない」をしていたが、年相応を離れるにした。

木村は実生活でも2児の父親だけに、
子役と絡む風袋がオーバーラップしたのは私だけではないはず。

視聴者はこれまでの「カッコよすぎるヒーロー像」と
「お子様の話を皆乍らし無くなる」木村への肌合いが薄れ、
気持ちよく見られたのではないか?
さらに、木村から見ても、実生活のパパの経験を演技に生かせる
ちょうどよい役を得たのは良かったのではないか?

かつて『an・an』の「抱かれたいランキング」で争った
福山雅治が、いまだ独者であるにも関わらず、
時代劇『そして父になる』で父親役を演じて2年弱。
木村も今回で父親役のスタートを切ったのかもしれ無い。

目立たない、『アイムホーム』で
やや嘆かわしいのは、公社など縁つづきの面でのエピソードが大部分、
母親役の上戸彩との絡みが少なかったこと。
木村と上戸は初共演だったことに加え、
希少な"配偶者"木村の演技を一層見たかった気がする。
今度は生活感むき出しで、真正面からぶつかり合うようなデュオ役も見てみたい管区だ。

○事務所の後輩・嵐に見る

話は少し戻るが、『アイムホーム』で木村が"
男"を演じたのは、大げさによるふしも大きかったのかもしれ心もとない。

そういう雰囲気の原点は、
木村の後輩である嵐の変更不能の的な嫌われる。
人間技やカラーで勝負し、芸能界を引っ張ってきたSMAPに対し、
嵐は仲の良さや親近感などのまんなかっぽさを生き生きとして
最高位の座にのぼり詰めた。
AKBなども含め、「スーパースターがもっとも手が届くかも」というムードがあり、
それは人生のドラマの宇宙船地球号でも一律に。
わけても男優が主演の感動のドラマは、頂点無欠のヒーローや、
必要条件に失敗し普通天才などではなく、
等身大で手を焼くやコンプレクスを抱えた主人公ばかりになっている。

木村ほどのチャンピォンと言えども、
「時世の渦を巻いてには逆らえありもしない」と舵を切ったのか、
それとも『アイムホーム』はたまたまだったのか、
連ドラ出演に注目が集まりそうだ。

ともあれ、来月には木村唯一のつづき物作である
シネマ版『HERO』の公開を控え、弾みがついたことだろう!


DVDはコチラから

トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
木村拓哉 ブログトップ